白い可憐な瓊花の季節が終わると、境内は夏を迎えます。
境内の木々の緑はその色をまし、白や淡いピンクの蓮、さらに菖蒲が境内の池で花を咲かせます。
初夏の到来に合わせるように、鑑真和上を偲ぶ鑑真和上坐像・御影堂障壁画特別開扉、開山忌舎利会(かいざんきしゃりえ)が、夏が終りを迎えようとする頃には、地蔵盆が行われます。
日 時:平成26年6月5日〜6月8日(例年は5日から7日の3日間です。) 9:00〜16:00
場 所:開山御影堂

拝観料: 特別拝観料 大人500円 中高生300円 小学生200円
(上記以外に通常の拝観料が必要:大人600円 中高生400円 小学生200円)
開祖・鑑真大和上を偲び、国宝鑑真和上坐像を収めた御影堂の厨子の扉が特別に開かれ、そのお姿を拝観することができます。
また、それに合わせ東山魁夷画伯奉納の障壁画と襖絵も特別公開されます。
日 時:毎年 6月5日 〜 6月6日
場 所:御影堂・講堂・東室

開山鑑真大和上の命日(6月6日)にちなんで、和上が請来した舎利を奉り、和上の徳を偲ぶ行事です。
5日午前9時から御影堂宸殿にて一山の僧侶による読経のなか、茶道藪内流家元紹智宗匠による献香、献茶が、16時からは講堂で御宿忌法要が行われ、命日である6日には、午後1時から講堂で舎利会御諱法要が行われます。また、午後3時からは、東室で記念講演も予定されています。
 
日 時:毎年 8月23〜24日
場 所:地蔵堂

近畿地方では、一般的な夏の行事である地蔵盆は、こどもの守り仏である地蔵菩薩を祀り、こどもたちの健やかな成長を願う催しです。
唐招提寺では、弘法大師の作と伝わる秘仏、重要文化財・地蔵菩薩立像を奉り、堂内を特別公開しております。